※「オトノミチ」がリリースされました。▶︎こちらからアカウント登録を完了してご利用ください。

最新の投稿された音

新幹線の車内アナウンスのサンプリングです。

【イベントのお知らせ】

 

2018年2月11日

海床「木の音」のイベントは終了しました。 

http://umidoko.jp/lp/kinone2018/

会場内にて「オトノミチ」プロモーションブース出展。
音への興味に聴覚を研ぎ澄まし、世界中の人々が音でつながる新しいコミュニケーションを提案します。

「オトノミチ」プロジェクトとは?

「オトノミチ」は音を使ってノンバーバル・コミュニケーション(言語以外の手段を用いたコミュニケーション手段)の実現を目指した、世界中の人が「オト」でつながるソーシャルネットワークサービスです。

 

 かつて映画制作でザルの中に入れた小豆を転がすことで、浜に打ち寄せる波を表現したことは知られています。

 幼い頃の身近な音が無意識に記憶されていて、急に蘇ってくる体験を誰でも感じたことがあるでしょう。

 笑い声に触発されたり、世界中の言葉や文字が異なる文化圏同士でも、音を通じて何かを感じ取るようなことができます。感じることでお互いの存在や関係性を認識できます。子供でも老人でも言葉が通じない相手でも楽器が弾けない人でも『音』を通じた感覚的なコミュニケーションが交せます。 

「音」は言葉のように詳しい内容は伝えられないかもしれません。しかし、誰もが楽しめるコミュニケーションツールです。自分の「音」にのせたメッセージを世界のだれかが感じ取ってくれる。そんなすばらしいムーブメントを生み出すプラットフォームです。

 

この「オトノミチ」は現在プロトタイプの段階で、今後さらに使い勝手の良いコミュニケーションツールに昇華させるために開発者(考える人、作る人、デザインする人)を募り、ハッカソン(※)を定期開催します。また開発フェイズで一定のリリースを重ねながら、段階別のイベントを実施する考えです。

イベントには3種類のイベントがあり、①「オトノミチ」内でユーザー向けに実施されるイベント。②全国自治体向けに地域発信の音を使ったPRイベント。③ビジネスショウ「コンテンツEXPO」へのプロモーションブース出展を考えております。

具体的に①では「書籍をつくろう!」というフラグを立て、ストーリーリレーを実施し、出版物に仕立てます。また写真を掲載して「この写真に音をつけてください」という出題で投稿を促し、音の面白さに興味を喚起させます。②では「100人かえるのうた」を実施し、かえるのうたの輪唱を楽しみます。日本中の子供達がかえるのうたの輪唱でつながります。また神社で行われる祭事で行われる土着の神楽などを集めるプロジェクトなども考えております。③では「オトノミチ」のプロモーションブースをビジネスショウを通じて広く浸透させます。

 

あなたが「オト」にのせたメッセージを世界のだれかが感じ取ってくれる。

そんなすばらしいムーブメントを傍観しているのではなく、

参加してみてはいかがでしょうか?